大切なのは声と表情

「コミュニケーションで大切なものは?」と聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか。

「言葉」がコミュニケーションで大切なものと思っている方が多いのですが、実は言葉以外の要素の方がはるかに重要なのです。

心理学者のマーラビアンは実験で、人は相手を判断するときに、どこに重点を置いてるかを調査しました。

この実験の内容は、表情を固くしたり柔らかくしたりして『好き』『キライ』という言葉を言われた時、被験者はどこを見て判断するかを調るというものでした。

その結果、人はコミュケーションをとる時に、相手の真意を読み取るのには、表情や身振りなどの態度が55%。そして、声質、トーンといった声色が38%。そして、最も大切であろう文章、単語などの会話はわずか7%程度でしかなかったのです。

つまり「何を言うか」という言葉の重要度は7%しかなかったということです。

相手に「好き」とか「愛している」という言葉を言ったとしても、その時の声のトーンや表情で相手に伝わる印象が大きく変わってしまいます。

笑顔で言うのか、真剣な表情で言うのか。「何を言うか」ではなく「どのように言うか」に気をつけたコミュニケーションを心がけましょう。


Comments are closed.