プレゼントはあげるのではなく、もらおう!

気になる相手に自分のことを見てもらおうと、プレゼントをあげたり、相手の手助けをしたりしようとしますね。

これが悪いわけではありませんが、相手に振り向いてもらうためには、プレゼントをあげたり手伝ったりするのではなく、逆にプレゼントをもらったり手伝ってもらう方が効果的なのです。

例えばプレゼントで考えてみましょう。

人は嫌いな相手にわざわざプレゼントをあげたりしません。相手に好意を持っているからプレゼントをあげるのですよね。

ということは逆に、相手からプレゼントをもらうというシチュエーションを作れば、相手は「自分はこの人にプレゼントをあげている。ということはこの人に好意を持っている」という心理が働くのです。

プレゼントをもらうシチュエーションを作るのは難しいかもしれませんが、何か仕事を手伝ってもらったり、頼みごとを聞いてもらうようなことは難しいことではないでしょう。

相手が不愉快になるような大きな負担がかかる頼みごとはNGですが、多少負担を感じるようなことをしてもらえた時の方が好意度が上がります。

手伝ってもらったうえに、好意まで持ってもらえるなんて素敵なテクニックですね!


Comments are closed.