自分の深い話が愛をも深める

好きな人のことはより深く知りたいと思うし、自分のことも知って欲しいと思うものです。

実は、相手に自分の深いところまで知ってもらい、そして相手の深いところまで知るという相互の「自己開示」は、二人の愛をも深めることができるのです。

例えば「誰にも言ったことがないけど、君にだけ話しておくよ」など、自分が普段オープンに話さないような内容を話すことにより、相手も自分のことを話してくれる可能性が出てくる。

でも逆に、自分の深い話をしないで、誰にでも話すような話ばかりでは、相手もそれなりの自己開示しかしません。

また話す内容を制限すると、隠し事をしていると感じてしまい、愛情に疑問を感じてしまいます。

恋人やこれから恋人になって欲しい人に対しては、知り合いや友達と同じレベルでの話しの深さでは、愛も深めることができません。

ですから、自分のことを話すのが苦手な方であっても、まず自分から徐々に深い話をしていき、愛情のレベルもどんどん深めていきましょう!

自分の深い部分までさらけ出すことで、友情や愛情を深めていくストーリが素晴らしいコミック「聲の形」がお勧め!
聲の形の聖地やストーリー

Comments are closed.